自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

任意整理でお金が返ってくる

借金の返済で困っているのに逆に任意整理でお金が返ってくることがある。

借金問題のホームページや弁護士がこのような話しをしています。

そのような話しを聞くと馬鹿にされているような気さえするはずです。

ですが過払い金が実際に存在し請求している人が沢山います。

これは過去の法定利息に関係する問題で実際に計算するとあることなのです。

2006年1月に最高裁判所の判決が出るまでは利率の上限があやふやでした。

消費者金融等は出資法に基づいて年率29.2%で貸付を行っていたのです。

2006年1月で利息制限法が法定金利だと弁護士が求めた結果がでました。

これにより利息制限法の15%~20%が法定利息と認められたわけです。

ですから出資法と利息制限法の差額が違法に支払って利息になります。

返済期間が長ければ長いほど余分な利息を払い続けたことになります。

この利息は完済後10年経てば時効で請求できませんそれまでなら可能です。

払いすぎた利息が過払い金として戻ってくることになるのです。

借金をしていても実際は完済していて過払い金として戻る可能性があります。

返済しだして5年を超える場合は過払い金の可能性があると言われています。

完済後10年が時効ですので一度弁護士に相談してみればどうでしょうか。