自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

任意整理で出来ること

任意整理で出来ること

借金返済をすることが難しくなったら弁護士に相談しないと駄目です。

弁護士に相談すると受任届けが金融業者に発行されて督促はなくなります。

督促のない静かな状態で弁護士と今後の方向を決めていくことです。

債務整理の大半は任意整理で解決しますので可能かどうかの判断がされます。

任意整理では過去に法定利息以上を支払って入れば返還してもらいます。

戻った利息を元金に組み入れて再計算しますので借金が減ることになります。

弁護士との交渉により今後は利息が付かないようにすることができます。

利息がつかなければ確実に元金が減るので完済までの道は短くなるはずです。

任意整理で借金の返済がずいぶん楽になりますがちょっと待って下さい。

任意整理で適正な返済状態になるかどうかを判断しなければなりません。

適正な返済状態とは借金の返済が3年から5年で終わることです。

返済する金額も無理な額ではなく余裕を持って支払える金額であることです。

もしこれらの条件が満たせなければ任意整理は避けることになります。

債務整理では法定に場所を移して個人再生や自己破産の手続きを行います。