自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

任意整理について知っておくべき内容、他の債務整理との違い

任意整理は、一部の債権者とだけ交渉も可能になるので大変有利!

任意整理の場合は、民事再生とは違って裁判所を通さないので、債権者を選んで交渉することができるのがメリットです。民事再生の場合は住宅しか残すことはできませんが、こちらは車のローンを残すことも可能です。つまりすべての債権者を平等に扱わなくてもいいのです。ただし、債権者がその条件に同意することが前提となりますので、やはり弁護士や司法書士など、任意整理をたくさん経験している専門家に任せて交渉してもらうのが普通です。つまり代理人を通して交渉できる上、交渉する債権者を選べるので、成功すれば自分の都合で債務をコントロールできます。ただし、合意に至るまで時間がかかることもあります。

借金を減らせる幅は少ないものの、その分任意整理する債務について内容は問わなかったり、完済する債務を選ぶことができるのはメリットです。職業への影響も少ないですし、官報にも載りません。ブラックリストに載る時間も5年間と短いです。貸金業者からの支払い督促が止まり、周囲に債務整理のことを知られることはありません。

新規のローンは組めないが、メリットは少なくない

任意整理によって借金を圧縮することができ、また整理したい債権者を選び、財産を守ることができるのでかなり有利な方法ではあります。資格や職業制限もありません。新規のローンなどは5年間ほど組めませんし、定期収入がない場合はこの方法は使えません。しかし借金の免除はされませんし大幅に減額されることもありませんが、社会的信用や財産を守ることができます。車も維持でき、なおかつ秘密裏に債務整理ができます。裁判所を通さないだけに当事者だけの交渉となり、その分難易度が高いですが合意に至れば双方メリットがあります。

大幅に利息をカットできて、返済計画も万全!

債務者と債権者の間で、利息カットや損害金、毎月の支払いを減額するように交渉し、借金を圧縮することができる任意整理。元本ではなく、利息の返済だけで他の借り入れをしてしまっている場合、複利計算(リボルビング払いなど)の債務が膨らんでいて、毎月の支払いが利息のみで元本がまったく減っていない人などにはよい解決方法となっています。またすべての債権者に対して任意整理の事実を知らせる必要はありませんので、整理したい債権者だけを選び、車のローンなどは残して車を維持することもできます。自己破産や民事再生のようにすべての残債、多額の借金を減らすということはできないものの、債務整理する、完済する業者を選んで3年から5年で支払いができればいいので全体の債務を圧縮できます。和解契約が債務名義化するのを防ぐこともできます。この任意整理では裁判所に出向かなくてよく、なおかつ場合によっては過払い金請求などもできます。是非一度検討してみましょう