自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

債務整理の診断方法

債務整理の診断方法

借金問題は状況に応じて取るべき手段が変わります。

債務整理の内容は大きく任意整理、個人再生、自己破産に分かれています。

借金を支払うなら毎月決まった収入があることが大原則です。

収入がないなら自己破産を行って借金を免除してもらうしか方法はありません。

毎月定期的な収入があるなら借金を減額して返済をすることができます。

元金だけの返済なら3年間程度で完済できるなら任意整理で問題ありません。

債権者との交渉により将来的な利息を無しにする交渉を行います。

交渉が成立すれば利息なしの分割払いで借金の返済を行います。

3年で完済できない時の債務整理は定に申し出をすることになります。

不動産など価値ある資産があるかないかで債務整理の方法が分かれます。

資産がない場合や資産を処分してもよい場合は自己破産の選択がいいでしょう。

住宅等の資産を残したい場合は個人再生の選択です。

個人再生では借金が5分の1の大幅減額になることもあり返済しやすくなります。

住宅ローンは減額の対象にはなりませんが返済が終わるまでストップできます。

このように債務整理では状況に合わせて支払い方法が選択できます。

借金の状況は利率が18%以上あれば過払いをしてきたことになります。

過払いを差し引いたのが本当の借金でこの金額で債務整理の方法を考えます。