自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

利息がカットできる任意整理

借金をした場合の利率は年利で15%~20%と利息制限法で決められています。

出資法の29.2%の時代で融資した頃よりは年率は下がっています。

ですが金額が大きくなれば利息制限法の年率でも支払いは大変になりますね。

例えば300万円借りて年率15%なら1年間で45万円の利息がつきます。

これでは普通の会社員が支払うには厳しすぎる金額になります。

結果的に利息だけを支払うことになれば元金は減らず借金はなくなりません。

元金を減らす為には弁護士と相談して任意整理を進めることです。

任意整理が成功すると原則として利息が全てカットされることになります。

300万円借りて1年間の利息が45万円の場合だと利息の7年で完済が可能です。

利息がつかないということは期間が長くても借金が増えないということです。

借金返済が長期なのは勧められませんがある程度の猶予は可能になります。

余裕を持って返済計画で和解交渉を終了させましょう。

注意点として任意整理は相手方の和解交渉になります。

相手の出方次第で交渉が難航したり不利になったりケースもあります。

交渉を成功させる為には借金問題に強い弁護士に相談するとスムーズです。