自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

法律の上限利率を超えた過払い金

金融業者と利率を取決めて契約書を作成し融資を受けるのが借金です。

借金の返済は契約書に従って月々返済して行くものです。

一度契約書を結んでしまえば契約書が絶対だと思い込んでしまいます。

法律の取り決めが定められた利息以外は支払いの必要はありません。

借金に困り借金問題となった時には融資の利率が最初に問題になります。

もしかしたら利率は払う必要のない利息を過払いしたのかもしれません。

過払い金の計算は借金問題でまず最初に着手する項目でもあります。

完済している人は過払い金の請求ができるので弁護士と相談して下さい。

金融業者の利率は様々で人によって利率が変動します。

利率の設定は状況に応じて自由に決められますが上限は決められています。

この上限を超えた利息には本来支払義務はなく過払いの金額といえます。

払いすぎた利息の返済を求めることを過払い金といい請求が可能です。

貸付の利率に関する法律には利息制限法と出資法があります。

金融業者は利率の高い出資法の利率を採用し貸付を行ってきました。

利息制限法の上限を超えても罰する法律はなく問題はなかったのです。

現在は幾つかの判例で利息制限法が融資の基準利息と認められています。

利息制限法の上限利率を超えるものは借金問題として扱われます。