自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

元金が減らなければ債務整理

借金は返済の都度に元金が減り利息は支払いの度に安くなるものです。

通常は数年で借金は無くなり借金の無い生活に戻ります。

しかし返済しても元金が減らないケースがあります。

これは返済金の大部分が利息で占められ毎月利息だけを支払うからです。

利息だけを支払う原因は借金の額が多すぎて利息しか支払えないのです。

元金が減らなければ借金は終わりません。

借金を終わらせようと思えば債務整理を行って借金を減額することです。

債務整理による借金の減額とは主に利息を減らすことです。

金融業者との交渉によりこれからの利息を減額することです。

交渉によっては利息を無くすこともでき確実に元金が減るようにします。

借金の支払いにおいては元金が減らず困ることがよくあります。

そうした場合は債務整理により確実に借金を返済出来るようにするのです。