自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

債務整理は弁護士に依頼するのが鉄則

債務整理は弁護士に依頼するのが鉄則

借金が増えて支払能力を超えてしまったら債務整理をするしかありません。

債務整理をするにも借金総額や借入年数により債務整理の方法は変わります。

きちんと債務総額を計算して自分の収入と照らし合わせることが必要です。

3年程度で無理せず支払いができる債務整理を行うことが重要です。

本当の借金総額を計算するには債務の額を単純に計算するだけでは駄目です。

利息制限法を超えて利息を支払っていた場合は不当な利息になります。

不当な利息を元金に組み込んで計算した金額が本当の借金総額になります。

この金額で債務整理を行う方向を決めなければなりません。

債務整理を自分で行おうとするとほとんどの場合は失敗します。

経験ある弁護士に依頼することで債務整理はスムーズに進むと考えて下さい。

債務整理を行うには様々な書類の準備が必要です。

さらに債権者や裁判所をやりとりも必要で法律的な知識も必要なのです。

節約の為に自分で行おうとしても最後には根負けしてしまうのが現実です。

債権者と借金減額の交渉をしても思い通りに進むことはまずありません。

借金している立場で債権者と交渉しても負けてしまうのが当然です。

債務整理の成功や手間を考えるとやはり弁護士に依頼するのが一番なのです。