自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

過払い金が返してもらえる事の意味

過払い金が返してもらえる事の意味

「払いすぎた借金は返してもらえます」この言葉を聞いたことがありますか。

長期に渡ってクレジットや消費者金融を利用場合に払い過ぎが考えられます。

利息制限法が定めた利率を超える利息を支払った場合は制限超過利息です。

これが世間で言われる過払い金にあたります。

無効な利息を業者側は受け取ったのですから超過部分は返却が必要です。

正当な借金を計算する時はこの超過部分を借金の返済に当てます。

過払い金は単純に今の借金から減額するわけではありません。

支払った時点に遡って元金に充当すれば当然利息にも影響してきます。

減った元金に付く利息は少なくなり次の返済では更に元金が少なくなります。

どんどん元金が減って行って最後には借金がなくなることもあります。

借金がないのに支払い続けたならばその分が過払い金として手元に戻ります。

利率が高ければ高いほど期間が長ければ長いほど過払い金は大きくなります。

完済している場合も取引から10年以内であれば請求が可能です。

この場合は利息制限法を超えていれば過払い金として確実に返還されます。

もし借りたことがあるなら過払い金返還を求めたらどうでしょうか。