自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

自己破産と個人再生

任意整理で解決できない時は自己破産か個人再生を選ぶことになります。

弁護士とよく相談して自分にとって何が必要かよく考えて決めて下さい。

自己破産とは借金を無くす代わりに財産もなくして一から始める方法です。

個人再生は財産を残したままこれからの収入で借金を返済する方法です。

個人再生は借金を返済するのですから持家等の財産は無くなりません。

財産も借金も無くした方がいいのか財産を残したいのかが決断の鍵です。

また保険外交員や警備員の職種は手続きの間は仕事ができなくなります。

ですから自己破産だと職を失う可能性もあるので注意が必要です。

個人再生の場合は借金を減額してもらって原則で3年以内に返済が必要です。

3年間で返済できれば晴れて借金が無くなることになります。

個人再生による借金の減額は負債額がいくらあるかにより決まり次の通りです。

1.100万円未満の場合は全額

2.100万円以上で500万円未満の場合は100万円

3.500万円以上で1500万円未満の場合は負債額の5分の1

4.1500万円以上で3000万円未満の場合は300万円

5.3000万円以上で5000万円未満の場合は負債額の10分の1

個人再生は資産を手放さずに借金を減額して原則3年間の分割払いで返済します。

ただし住宅ローン借金は含まれず別に返済が必要なので注意が必要です。