自己破産や借金相談のお悩み

借金・自己破産検索で納得

借金問題にまつわる知識を分かり易くまとめています。

家庭の平和が守れる個人再生

家庭の平和が守れる個人再生

任意整理で解決できない場合に債務整は自己破産しかないのでしょうか。

一昔前までは個人再生という仕組みがなくいきなり自己破産になりました。

自己破産しか選択技がないと大切な財産は全て無くなってしまいます。

現在では個人再生と自己破産を検討して債務整理の方法を選ぶことができます。

個人再生は生活の拠点としての住宅を守るために作られた制度でもあります。

住宅ローンは減額にはなりませが個人再生の成立するまで返済が猶予されます。

個人再生は減額された借金を自力で全額支払うシステムです。

ですから住宅だけではなく全ての資産を手放さずに残しておくことができます。

任意整理で解決できないのですから個人再生での借金の減額は大きくなります。

債務総額の5分の1か最低金額の100万円までのいずれか多い額で減額されます。

減額した金額を3年で支払い切れば晴れて借金がなくなることになります。

資産を残したい人には個人再生の減額で完済できるのは有難いことです。

個人再生は自己破産のように免責の制度はありませんのでその点も有利です。

さらに自己破産は一定の職業制限を受けますが自己再生は制限がありません。